RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

***La La Happy***diary 1

ビンテージシーツを使ったお洋服・帽子・バッグ、入園入学グッズのオーダー製作と、型紙の販売<Lalahappy>を運営。 お料理レシピや韓国旅行なども紹介。現在は、アメブロのLaLaHappy diary3で日記を更新してます
<< yumeriの幼稚園の運動会 | main | パイナップルレース編みの大きなドイリー >>
映画『パコと魔法の絵本』


『パコと魔法の絵本』を見に行った。
前に、映画館で予告を見て、とても興味を持った作品。
でもね・・・
なんと、10何年ぶりに、映画館で寝てしまった(ーvー;)
ドラマを見ながら、映画を見ながら、絶対に寝ないタイプなのに、絵本に入り込むシーンの5分前くらい、爆睡でした・・・
最初から最後までファンタジーだと思ってたら、最初のほうは、そうでもなく、映像も思いっきり舞台調で、セリフと演技が大げさなのに、カメラワークが少なく単調で、だんだん睡魔が(苦笑

でも、家に帰って、パソコンで『パコと魔法の絵本』を検索して、それが監督の狙いだったんだってわかって、納得!
だから、カメラワークが単調で、ずっと一つのシートから舞台を見てるような感じにして、演技も大袈裟だったのね〜。
もともとも舞台の作品で、「映画だけど、より舞台らしく」という中島監督のチャレンジ精神っていうのかしら?
もう、じゅうぶん有名なのに、さらに新しいものに取り組む姿勢に、「ものを作る人」の心意気を感じる(^−^)
下調べして、それを知ってから見に行ったほうが、よかったかも(笑

映像美は、さすがっ!
グレイトッ!
ワンダフォー!
細かいところまで、色とりどりの装飾がされてて、それがCGで(だと思う)、より鮮明に色鮮やかに映されて、多分、コマ送りで見ても楽しめるくらい、いろんなところにいろんな色と飾りがある。
この映画の美術を担当した人、すごいわ〜(>v<)
途中、絵本に入り込んでからのシーンも、実写とCGとアニメが、すごいスピードで絶妙に混ざり合ってて、まるで、魔法の国のジェットコースターに乗ってる気分!
アニメのキャラもかわいいし、それぞれの人にピッタリ合ってて、実写とアニメの違和感がないし、映像が変わるタイミングがすばらしい!
彦麻呂が出てくるところでは、どっと笑いが起こった。
これは、映画を見た人にしかわからないなぁ〜。
「うわっ!うそやぁ〜んっ!やられたっ(>v<)」っていう驚きと笑い。
この、5秒くらいのシーンだけコマーシャルで流れても、じゅうぶん話題になると思う(^0^)

俳優さんは、予備知識がなくても、ほとんどの人が誰が誰だか分かったけど、妻夫木聡は、最後のほうの絵本を読む普通のトーンの声になるまで分からなかったのと、山内圭哉は、家に帰って調べるまで分からなかった。
やっぱり、上手なんだね〜(^〜^)
とくに、山内圭哉の関西弁と、セリフの間が抜群で、全体のわざとらしいくらい大袈裟なストーリーに、ほっとした笑いを感じさせてくれた。
出ずっぱりの安部サダヲの演技も、さすが!ッて感じ(^−^)
あの、ピンポン〜♪が欲しい(笑
そして、主役のアヤカ・ウィルソン、かわいいね〜♪
ほんとに、絵本の世界に生きてそうなくらい、透明感があって、純粋そうで、笑顔もかわいい。
花畑と、水に溺れていくシーンがあんなに似合う女の子は、そうそういないと思う。
って、変な褒めかただよね(苦笑
アンナちゃんと小池栄子の抜群のスタイルのよさも、作り物の映像の中で、妙なリアルさを感じさせた。
これは、男目線かしら(笑

内容は、ワガママな主人公が、一日しか記憶が持たない少女パコとであって、今までの傲慢な自分を悔やみ、少女に何かしてあげたいと思うようになり、周りの人を巻き込んで、少女に喜びを与えるというもの。
その中で、少女が持ってる絵本が重要な役割を果たすんだけど、その絵本にも、深いエピソードがあって、泣かせられる。
主人公のカエルの王子も、カエルじゃないとイケナイのッ!
地上の王のライオンでもなく、空の王の鷲でもなく、水の中に生きるカエル。
少女と、主人公との、『記憶』の捉え方の違い。
その『記憶』が、『明日』につながっていく。
映画の最後で、全ての出来事とシーンがつながっていく。

『今日やらなければいけないんだッ! この子に明日はないんだッ!』

その通りです。
明日しようと思うことは、明日もしない。
いつも、『今日』が一番。
常に、そのように生きていきたいと思います・・・・
でも、それが難しい(^〜^;)

映画の後、IKEAに行った。
せっかく神戸に来てるので、車じゃないと行けない場所に行きたい♪
前から迷ってた黒い食器と、ティーサーバーを買おうと思って(^−^)



きちんと整列した水玉の幾何学的な模様とモノトーンが、食卓にリズムを与えてくれそう(^−^)
ティーサーバーは、今使ってるのが4人用なので、大きいのが欲しかったの。
あと、バニラの香りのキャンドル。
前に、MUJIで安いのを買ったら、ぜんぜんにおいがしなかった(苦笑
これも安いんだけど、どうだろう?
甘ぁい香りで癒されたい・・・

 
| ドラマ・映画 | 20:48 | comments(0) | - | pookmark |